中古の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを建てよう

あなたは、中古の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを建てようと思っているのかもしれません。そのような海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスなら、絶対にリーズナブル価格で実現すると思っているのではないでしょうか。

しかし。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスのデメリット

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、あなたが考えるほど甘いものではないのかもしれません。いろいろ、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスに対してデメリットがありますので、あらかじめそのようなこともしっかり理解しておく必要があります。

まず、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、リーズナブルで建つと思っている人たちが多いですが、期待外れに終わるケースがほとんどでしょう。

安いと言っても、木造建築程度の価格は覚悟しなければなりません。

中古の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスはどうか

であれは、中古の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスならもっとリーズナブル価格で建てることができると思っている人たちもいるでしょう。

実際にどうなのでしょうか。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを、セルフビルドでDIY。実際に、中古海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスなら、20万円程度の価格で購入することができます。

ならば、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、木造建築以下の価格で建てることができますよね……。

しかし。

中古の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、建築基準法に則っていません。これから建てようと思っている人たちも要注意です。

建築基準法に則っていないということは、建築確認申請が通らないということです。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、住居として、建築基準法に従う必要があります。そのルールに従うことができないのなら、その海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、違法建築として撤去される可能性がありますよ。

また、その海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、改善処置を言い渡される可能性があります。

そして、 建築基準法を通すためは施工することが必要になり、新品の海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスと別になんら変わらない費用になってしまう可能性も充分考えることができます。

適当な20万円程度の中古海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの実現という発想は非常に危険です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です