鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトについて考える

いま真剣に鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトについて考えるべきではないでしょうか。

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトは、中長距離輸送に起こるいろいろな問題を解決する方法です。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

中長距離輸送の問題を解決

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトが、中長距離輸送に起こる様々な問題を解決してくれることでしょう。 実際に、中長距離輸送が利用される率は、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportと比較して9割程度と言います。これはかなり異常な数字としてとらえていいでしょう。

もっともっとバランスのいい輸送を行うため、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトという発想が必要になって来ます。

中長距離輸送の人手がない

実際に、これ程まで、中長距離輸送に依存しているものの、ドライバー不足など深刻な問題を中長距離輸送は抱えています。そのような問題を解消するためにも鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトに移行しバランスを維持するモチベーションは大事です。

現状、中長距離輸送では、 トラックドライバーの人手不足の問題が大きく露呈し、荷物の過積載、過労運転……という問題ともつながって来ています。

中長距離輸送の過剰依存を解消させることは、本当に中長距離輸送を必要としている人たちからも大きく感謝されることは間違いありません。

モーダルシフトのデメリット

しかし、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトは、メリットだけでなく、デメリットも存在し、だから使用しないという方々もいらっしゃることでしょう。

輸送のタイムがトラックに比べて遅いという問題も、モーダルシフトには存在しているでしょう。

鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトを利用した場合、近距離、中距離輸送では、コストが割高になってしまうことがあるかもしれません。

しかし、いま流れは、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトです。

例えば、配電盤、また制御盤の製造を手掛けている電気機器メーカー日東工業などは、積極的にモーダルシフトを取り入れた業務展開をしています。

いまこうしようではなく、鉄道輸送・railtransport、海上輸送・seatransportのモーダルシフトをしなければならない時代なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です