鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを機能させる

鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトって海外では結構上手く機能しているようです。

日本の鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと言えば、ちょっと不安視している人たちもいるようですが。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

日本のモーダルシフトの問題点

日本の鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを支えるのは、貨物列車です。しかし、単に貨物列車と言えば、いろいろ問題も浮上してきそうです。

日本が鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを目指そうと思っても、日本の鉄道は、ヨーロッパなどと比較しても線路幅が狭いという問題を抱えています。

トンネルや橋などの高さや幅もありません。

実際に、ヨーロッパでは、上手く鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトを機能させるため、トラックごと列車に積んで移動させるということもしているのです。

いま鉄道輸送・railtransportのモーダルシフト、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトというものの、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトオンリーに限界も存在していることを知るべきでしょう。

限界を知れば、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトと、トラックの中距離輸送とどう融合させればいいという発想も浮かぶでしょう。

それをヨーロッパは、成功させているのだと思います。

鉄道輸送・railtransport以外

鉄道輸送・railtransport以外では、船舶という選択肢もあります。日本の鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが上手く機能出来ないのなら船舶も含めて考えていきましょう。

日本は、海に囲まれている国です。船舶輸送もしっかり方法として考えない手はありません。 船による輸送の
CO²排出量はトラック輸送の6分の1を実現することができ、充分モーダルシフトになりうる存在です。

船舶輸送であれば、ヨーロッパでモーダルシフトが成功したようにトラック丸ごとという発想も出来そうですよね。

内航海運と呼ばれる国内の船による輸送は、いま、モーダルシフトとしてかんなり有効視されています。

モーダルシフトをしなければならない理由

とにかく、鉄道輸送・railtransportのモーダルシフトが難しいのなら、船舶輸送のモーダルシフトもしっかり考えていかなければならない時代です。

モーダルシフトとは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO²)を減らすための手段です。果たして、現在の日本は、環境保護に対してしっかり貢献することができているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です